台風13号2018最新進路[米軍・ヨーロッパ・気象庁]

台風13号2018 米軍 ヨーロッパ 気象庁 進路
出典:気象庁
スポンサードリンク

お盆前に関東に接近する台風132018の今後の最新予想進路について、「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の3つの情報をまとめてお伝えしていきます!

 

台風13号は関東に近づく前から大雨になることが予想されているので、注意が必要です。

 

台風13号は東日本を通過する予想となっています。

 

それでは、「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の順に台風13号の予想進路を見ていきましょう。

 

台風13号2018「米軍合同台風警報センター(JTWC)」の予想

台風13号2018 米軍予想進路

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)

表記の時刻について
表記の時刻はアメリカ時間なので、日本時間に直す際はプラス9時間をしてください。
(例)09/00Z → 9日の午前9時(日本時間)

 

米軍合同台風警報センター(JTWC)」の台風13号の予想進路によれば、進路を北に進めながら8月7日(火)の夜頃から関東に接近するとの予想になっています。

 

また、8月9日(木)の午前中頃に都内に最も近づく予想になっています。

 

台風が上陸する前から関東では大雨になる可能性がありますので、関東圏や東海では8月7日(火)頃から雨に注意が必要です。

 

台風13号は日本列島に上陸してからは、進路を北東に進めるとの予想になっています。

 

続いて、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の台風13号の予想進路を見ていきましょう。

スポンサードリンク


 

台風13号2018「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の予想

台風13号2018 予想進路 ヨーロッパ

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の台風13号の予想を見ると、大型の台風13号は8月7日(火)の午後に関東に上陸し、その後は進路を北東に進めています。

 

図解で見るとより勢力の強さがわかるので、台風接近前から大雨や強風に注意が必要です。

 

関東圏では公共交通機関に影響がありそうなので、8月7日(火)午後~8月9日(木)の期間の交通状況はしっかりと確認した方が良さそうです。

 

平日という事もあり、通勤や通学にも影響が出そうです。

 

続いて、「気象庁」の台風13号の予想進路を見ていきましょう。

 

台風13号2018「気象庁」の予想

台風13号2018 気象庁 進路

出典:気象庁

「気象庁」の台風13号の予想進路によると、8月7日(火)の午後~8月9日(木)にかけて関東や静岡に接近しながら上陸するとの予想になっています。

 

その後の進路はまだ発表されていませんが、先ほどの2つの予想進路を見る限りでは、進路を北東に進める可能性があります。

 

今後の進路次第では、東海地域にも大雨の影響がありそうです。

 

東日本を中心に大雨になる可能性が高そうです。

 

それでは、3つの台風情報をまとめていきます。

スポンサードリンク


 

まとめ

大雨
「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」3つの情報から、台風13号2018の最新の予想進路の総括です。

 

  • 台風13号は8月7日(火)頃から東海・関東に接近し、上陸する可能性が高い
  • お盆前の関東では、大雨による交通の乱れが予想される
  • 台風13号は大型のため、接近する前から大雨になる可能性がある

 

8月7日(火)~8月9日(木)にかけて、台風13号は東日本に接近しながら上陸の恐れがあります。

 

非常に強い勢力を持っているので、台風13号が接近する前から大雨に警戒しましょう。

スポンサードリンク


台風13号2018 米軍 ヨーロッパ 気象庁 進路