台風12号2018最新進路[米軍・ヨーロッパ・気象庁]

台風12号2018 米軍予想進路
出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)
スポンサードリンク

7月25日(水)に沖ノ鳥島の近海で発生した台風12号2018の今後の最新予想進路について、「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の3つの情報を元に台風の予想進路をお届していきます。

 

7月28日(土)29日(日)の週末にかけて東日本に上陸する可能性が高いので、注意が必要です。

 

また、今年は海の水温が高いため、強い勢力を保ったまま本州に接近する場合もあります。

 

それでは、「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の順に台風12号の予想進路をお伝えしていきます。

 

台風12号2018「米軍合同台風警報センター(JTWC)」の予想

台風12号2018 米軍予想進路

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)

表記の時刻について
表記の時刻はアメリカ時間なので、日本時間に直す際はプラス9時間をしてください。
(例)27/18Z → 28日の午前3時(日本時間)

 

米軍合同台風警報センター(JTWC)」の台風12号2018の予想進路を見ると、7月28(土)の夜~29日(日)にかけて、東海関東に接近し、上陸するとの予想になっています。

 

その後は進路を北西に変えていきながら、甲信越を通って日本海側に抜けていくとの予想になっています。

 

「米軍合同台風警報センター(JTWC)」によると、東京都内を暴風域に含んでいるので、週末の都内に大雨や強風の影響が出る可能性があります。

 

週末に外出する際は充分注意が必要です。

 

続いて、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の台風12号の予想進路を見ていきましょう。

スポンサードリンク


 

台風12号2018「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の予想

台風12号2018 予想進路 ヨーロッパ

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の台風12号の予想によると、7月28日(土)の午後から関東に接近しながら上陸をし、その後は低気圧に変わっていくとの予想になっています。

 

「米軍合同台風警報センター(JTWC)」の予想と同様に、7月28日(土)からの週末にかけて東日本に上陸するとの予想になっています。

 

台風12号の進路も北東から北西に進路が変わっています。

 

強い勢力を保ったまま上陸する可能性もあるので、関東在住の方は充分注意してください。

 

続いて、「気象庁」の台風12号の予想進路を見ていきましょう。

 

台風12号2018「気象庁」の予想

台風12号2018 米軍 ヨーロッパ 気象庁 進路予想

出典:気象庁

「気象庁」の台風12号の予想進路では、7月28日(土)の午後頃に、静岡や関東から上陸し、その後は進路を北西へと進み、29日(日)にかけて東海、近畿、中国地方へと横断するとの予想になっています。

 

週末は関東や西日本を中心に広い範囲で台風の影響を受けそうです。

 

進路次第では30日(月)に九州に接近する可能性もあります。

 

それでは、3つの台風情報をまとめていきます。

スポンサードリンク


 

まとめ

大雨
「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」3つの情報から、台風12号2018の最新の予想進路の総括です。

 

  • 台風12号は7月28日(土)頃から東海・関東に接近して上陸する可能性が高い
  • 今週末の関東・東海・近畿・中国地方では台風12号による大雨や強風に警戒。
  • 海水の温度が高いため、強い勢力を保ったまま本州に上陸する場合もある。

 

7月28日(土)~7月29日(月)にかけて、東日本では台風12号による大雨や強風に警戒が必要です。

 

台風12号は強い勢力を保ったまま日本列島に上陸する可能性もあるので、接近する前から警戒するようにしましょう。

スポンサードリンク


台風12号2018 米軍予想進路