【10月28日(土)更新】台風22号2017最新進路[米軍・ヨーロッパ・気象庁]

台風22号2017 予想進路 気象庁
出典:気象庁
スポンサードリンク

10月28日(土)更新の、台風22号2017年最新予想進路を「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の3つの情報を元にお伝えしていきます。

 

日本列島に接近する可能性の高い台風22号ですが、先日発表された進路よりも少し予想進路が変わっているので、しっかり確認しておきましょう。

 

台風22号は28日に沖縄付近に接近した後、西日本と東日本の南の海上を通過する可能性があるため、週末にかけて大雨や強風の影響を受ける可能性が高くなっております。

 

それでは、台風22号2017最新進路を「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の順番で3つの情報を元にお伝えしていきます。

 

2017年10月28日午前8時時点

 

台風22号2017「米軍合同台風警報センター(JTWC)」の予想

台風22号2017 米軍合同台風警報センター予想進路

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)

表記の時刻について
表記の時刻はアメリカ時間なので、日本時間に直す際はプラス9時間をしてください。

(例)29/18Z → 30日の午前3時(日本時間)

 

10月28日(土)に更新された「米軍合同台風警報センター(JTWC)」の台風22号2017の予想進路を見ると、台風22号10月28日(土)の夜~10月29日(日)の朝にかけて九州四国の南側に接近し、その後は進路を東に進めながら関西、東海、東京を中心とした関東地域の南側を通過するとの予想になっています。

 

今後の進路次第では日本列島に上陸しながら通過する可能性もあるので、大雨や強風には十分注意が必要です。

 

10月30日(月)午後には日本列島を離れているとの予想になっています。

 

念のため、関東にお住まいの方は通勤通学の交通情報を確認するようにしましょう。

 

続いて、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の台風22号の予想進路を見てみましょう。

 

スポンサードリンク


 

台風22号2017「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF) 2017台風22号 予想進路

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

10月28日(土)更新の「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の最新の台風22号2017予想進路になります。

 

台風22号は10月28日(土)九州の南側の海上に接近し、その後は進路を東に進めながら10月29日(日)にかけて関西、東海、関東地域の南側の海上を通過するとの予想になっています。

 

日本列島に接近しているため、広い範囲で大雨や強風の影響を受ける可能性があります。

 

「米軍合同台風警報センター(JTWC)」の予想進路と同様に、今後の進路次第では日本列島に上陸する可能性もあるため、最新の台風情報を確認するようにしてください。

 

続いて気象庁の台風22号の予想を見ていきましょう。

 

台風22号2017「気象庁」の予想

台風22号2017 予想進路 気象庁

出典:気象庁

10月28日(土)更新の「気象庁」の台風22号の予想進路ですが、10月28日(土)の午前沖縄に接近した後、10月29日(日)の午前には九州、四国の南側に接近するとの予想になっています。

 

その後は進路を東に進めて関西、東海、関東の南側の海上を通過し10月30日(日)の夜には関東付近まで接近している可能性があります。

 

今後の進路次第では、10月30日(月)関東では通勤通学の時間帯の交通に影響が出る可能性があるため、十分注意してください。

 

引き続き最新の台風情報を確認するようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク


 

まとめ

「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」による3つの台風22号2017情報の総括です。

 

  • 台風22号は10月29日(日)の午前中九州に接近する可能性が高い。
  • 台風22号は進路を東に進めながら10月29日(日)~10月30日(月)にかけて関西、東海、関東に接近する可能性が高い。
  • 東京都内では、10月30日(月)朝の通勤通学の時間帯の交通情報に影響を受ける可能性もある。

 

3つの情報を元に台風22号の予想進路の状況をまとめてみました。

 

台風22号は10月28日(日)~10月30日(月)にかけて西日本、東日本の南側の海上を通過する可能性が高くなっております。

 

今後の進路次第では、日本列島しながら通過する可能性もあるため、注意してください。

 

お出かけの際には最新の台風情報を確認するようにしましょう。

スポンサードリンク
台風22号2017 予想進路 気象庁