【10月21日(土)更新】台風21号2017最新進路[米軍・ヨーロッパ・気象庁]

台風21号2017 予想進路 気象庁
出典:気象庁
スポンサードリンク

台風21号2017年最新予想進路を「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の3つの情報を元にお伝えしていきます。

 

超大型で非常に強い勢力を持っている台風21号は、日本列島の南側を北東に進路を進めて近づいてきます。

 

気象庁の解析によれば、10月20日(金)頃から急速に発達して、10月21日(土)には非常に強い勢力と発表されています。

 

また、台風21号は「超大型」の台風なため、日本列島の広い範囲で雨風の影響が広範囲に及ぶ危険があります。

 

それでは、台風21号2017最新進路を「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の順番で3つの情報を元にお伝えしていきます。

 

2017年10月21日(土) 午前8時現在

 

 

台風21号2017「米軍合同台風警報センター(JTWC)」の予想

台風21号2017 米軍合同台風警報センター 予想進路

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)

表記の時刻について
表記の時刻はアメリカ時間なので、日本時間に直す際はプラス9時間をしてください。

(例)22/06Z → 22日の午後3時(日本時間)

 

米軍合同台風警報センター(JTWC)」が発表している台風21号2017の予想進路を見ると、台風21号は日本列島の南側から進路を北東に進め、10月22日(日)に日本列島の東海地域に最も接近し、10月22日(日)の夜頃~10月23日(月)の朝方にかけて日本列島に上陸するとの予想になっています。

 

その後は進路を東に進めて、東京などの関東地域に接近するとの予想になっています。

 

10月23日(月)の通勤通学の時間帯は、台風21号の影響による電車やバスのダイヤの乱れが予想されますので、出かける際には交通情報も確認した方が良いでしょう。

 

 

台風21号は大型の台風になっていますので、広い範囲で雨風の影響を与える恐れがありますので、充分注意してください。

 

続いて、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の台風21号の予想進路を見てみましょう。

 

 

 

スポンサードリンク


 

台風21号2017「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF) 2017台風21号 予想進路

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の最新の台風21号2017予想進路になります。

 

台風21号は10月22日(日)近畿地方、東海地方から上陸し、その後は進路を東に進めて10月23日(月)頃は関東に接近するとの予想になっています。

 

東北地方でも台風21号による大雨や強風の影響を受ける可能性があります。

 

予想進路の図解でもわかるように、台風21号は非常に大きな台風となっています。

 

そのため、大雨の時間が長くなることもあるので、雨量がとても多くなる恐れがあります。

 

河川の氾濫にはいつも以上に警戒してください。

 

続いて「気象庁」の台風21号の予想進路を確認してみましょう。

 

台風21号2017「気象庁」の予想

台風21号2017 予想進路 気象庁

出典:気象庁

気象庁」の台風21号の予想進路ですが、10月23日(月)午前3時頃東海地方上陸するとの予想になっています。

 

その後は進路を北東に進めて、東京を中心として関東に接近するとの予想になっています。

 

東京では10月23日(月)の通勤通学の時間帯に台風が接近するため、交通機関の情報を確認するようにしてください。

 

引き続き最新の台風情報を確認するようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク


 

まとめ

「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」による3つの台風21号2017情報の総括です。

 

  • 台風21号は10月22日(日)の夜~10月23日(月)にかけて東海地域から上陸する。
  • 台風21号は日本列島に上陸した後、進路を東に進めながら10月23日(月)通勤通学の時間帯に東京を中心とした関東に接近
  • 台風21号は大型で非常につい良い勢力を持っているので、日本列島の広い範囲で雨風の影響を受ける。。

 

3つの情報を元に台風21号の予想進路の状況をまとめてみました。

 

台風21号は10月22日(日)の夜~10月23日(月)の朝方にかけて東海地方付近の日本列島に上陸し、その後は進路を東に進めながら東京を中心とした関東地方に接近するとの予想になっています。

 

10月23日(月)の東京では、台風21号の影響による交通機関のダイヤの乱れが予想されますので、各交通機関の情報も確認し、安全に配慮してください。

 

スポンサードリンク
台風21号2017 予想進路 気象庁