台風18号2016最新進路[米軍・ヨーロッパ・気象庁]10月5日(水)更新

台風18号 10月5日予想
出典:気象庁
スポンサードリンク

10月5日(水)時点の最新台風18号2016進路予想を「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の3つの情報を元にお伝えします。

※10月5日水曜日の午前中時点の予想

「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の順に台風18号の予想進路を見てみます。

スポンサードリンク



台風18号2016「米軍合同台風警報センター(JTWC)」の予想

台風18号予想進路 米軍合同台風警報センター

出典:米軍合同台風警報センター

表記の時刻について
表記の時刻はアメリカ時間なので、日本時間に直す際はプラス9時間をしてください。
(例)05/06Z → 05日の15時(日本時間)

台風18号2016は、10月5日(水)の午後にかけて九州の北側から中国地方へ向けて進路を東に進んでいます。
10月5日(水)午後3時では広島の北側に暴風域の中心が来るとの予想が出ています。

その後進路を北東に進め、10月6日(木)の午前3時には秋田県と岩手県を暴風域の中心として上陸するとの予想が出ています。
10月6日(木)午後3時には北方領土の南側に位置しているので、10月6日の午後までには本州を離れているとの予想です。

続いて「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の予想を見てみましょう。

台風18号2016「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の予想

台風18号予想進路 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

10月5日(水)21時に石川県に接近

「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の予想図によると、台風18号2016は10月5日(水)の21時点で石川県を暴風域の中心として北陸や東海地区を強風域に含めるとの予想が出ています。

その後進路を北東へと進み10月6日(木)21時時点では北方領土の南東に位置し、本州を離れるとの予想が出ています。

最後に「気象庁」の台風18号2016の予想進路を見てみます。

台風18号2016「気象庁」の予想

台風18号 10月5日予想

出典:気象庁

「気象庁」の台風18号2016の予想では、10月5日(水)の12時時点では九州の北側を中心とし、その後の18時時点では広島県の北側へ中心を東に移動しています。

進路を東に進め10月6日(木)の午前0時には石川県と新潟県を中心とし、6日の午前6時付近では岩手県の東側を中心地として進路を北東に進んでいます。

台風18号2016まとめ

「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」3つの台風情報の総括です。

  • 台風18号は10月5日(水)の午後に広島県の北側を中心として進路を東に進める。
  • その後、台風18号は10月5日(水)の夜に石川県と新潟県付近を中心として進路を北東に進める。
  • 10月6日(木)の未明から朝にかけて秋田県と岩手県付近の東北を通過する。
  • 10月6日(木)の午後には台風18号は本州を離れている

以上、「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の3つの情報を元にした台風18号の予想進路です。

引き続き最新の台風情報をご確認ください。

スポンサードリンク
台風18号 10月5日予想