台風16号2016最新進路[米軍・ヨーロッパ・気象庁]

台風16号 気象庁
出典:気象庁
スポンサードリンク

最新の台風情報[9月20日(火)時点]の情報はコチラ↓

台風16号2016最新進路[米軍・ヨーロッパ・気象庁]9月20日時点

2016.09.20
↑上の最新の台風情報をご確認ください

台風16号2016最新進路を「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の3つの情報を元にお伝えします。

※9月17日土曜日の午前中時点の予想

それでは、「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」の台風16号の最新の進路情報を見てみましょう。

「米軍合同台風警報センター(JTWC)」の予想

米軍合同台風警報センター(JTWC)

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)

表記の時刻について
表記の時刻はアメリカ時間なので、日本時間に直す際はプラス9時間をしてください。
(例)18/06Z → 18日の15時(日本時間)
米軍合同台風警報センター(JTWC)」の台風16号予想進路では、19日(月)の午後にかけて九州に上陸するとの予想が出ています。

その後、20日(火)から21日(水)に渡って高知県と京都府を暴風域の中心としながら、本州の東側を横断していくとの予想になってます。

スポンサードリンク



「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF) 台風16号

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

9/19(月)「敬老の日」

九州に上陸し。九州を中心に暴風域に入る。

9/20(火)~9/21(水)

東海地方関東地方を中心に本州を横断

9/22(木)「秋分の日」

本州を離れる。

台風情報が気になる9月22日木曜日の「秋分の日」の関東の天気は、台風が本州から離れるのでお出かけ日和となりそうです!

「気象庁」の予想

台風16号 気象庁

出典:気象庁

先の2つに比べて進路が少し大ざっぱですが、20日の未明に九州に上陸するとの予想が出ています。

台風の進路の方向は「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」と似通っていますが図の見方によると、22日(木)の夜になっても関東付近の本州に残っている可能性があるとも解釈できます。

ちょっと予想範囲が広いので何とも言えないですね・・・。

まとめ

「米軍合同台風警報センター(JTWC)」、「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」、「気象庁」3つの台風情報の総括です。

  • 19日(月)午後~20日(火)未明にかけて台風16号は九州に上陸する可能性が高い
  • 20日(火)~21日(水)午後にかけて本州を横断
  • 22日(木)「秋分の日」の関東は天気が良い可能性が高いが、念のため最新の情報をチェック

「ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)」の予想では、22日(木)「秋分の日」の関東は天気が良さそうですが、念のため最新の台風情報を確認した方が良さそうです!

最新の台風情報[9月20日(火)時点]の情報はコチラ↓

台風16号2016最新進路[米軍・ヨーロッパ・気象庁]9月20日時点

2016.09.20
↑上の最新の台風情報をご確認ください
スポンサードリンク
台風16号 気象庁