あの人まで?ポケモンGOにハマる芸能人・批判する芸能人

ポケモンGO
スポンサードリンク

スマートフォンアプリ「ポケモンGO」が解禁されてから3週間が経つ。

攻略法から世間的な影響までこれからもしばらくは社会現象となっているポケモンGO関連の話題が連日事欠かないことと思う。
筆者も複数の媒体を通じてポケモンGO関連のニュースには目を通してきたが、一般人はおろか、芸能人にまでポケモン旋風の余波は確実に広がっている。

ハマる芸能人批判する芸能人などポケモンGOを取り巻く人間模様もなかなか面白い。

ポケモンGOにハマる芸能人

GLAYHISASHIは芸能界最速でポケモンGOをダウンロード、ナインティナイン岡村隆カンニング竹山伊集院光などもプレイを開始する。

アプリ内で出現するモンスターにはどうしても偏りがあり、野生のモンスターを収集するだけでは追いつかない。
特にレアなモンスタータマゴから孵化させたり、同じポケモンを複数ゲットすることにより進化させるなど、地道な努力をしなければ図鑑を完成させることは難しい。

孵化させるにせよゲームの仕様上、人一倍歩かなければポケモンが出現しない仕組みになっているため歩きスマホを助長しているという意見も多い。
そのため、特定地域に多数のレアポケモンが出現するとされる所謂「ポケモンの聖地」や「ポケモンの巣」を訪れることができる機会が乏しいため、芸能人の攻略は一般人よりもはるかにいばらの道だ。

芸能人の攻略は一般人より厳しいのか

では、芸能人の攻略は不可能なのか?と問われると強ちそうでもない。

上記以外にも群を抜いたハマりっぷりを見せる芸能人の中には、元ライブドアの堀江貴文氏、タレントの中川翔子、アイドルの倉持由香などがいるが、その中でも堀江氏はポケモンGOプレーヤー最初の壁とされるレベル20へと既に到達を果たしている。

レベル10までは意外と数日間で到達できるが、レベル10からレベル20までは限られた時間の中でプレイしなければならない社会人ならば場合によっては数週間を要することもある。ポケモンも50匹までは割とすんなり収集できるが、100匹まで増やすのは比にならないぐらいの時間と労力を要する。

芸能人に限らず、一般人でもこのレベル20への到達を困難に感じてドロップアウトしてしまうライトユーザーが多い中で、堀江氏のようなハマりっぷりをみせるケースは珍しい。
中川翔子も詳しいレベルまでは不明だが、ツイッター上のレアモンスターゲット、ジム撃破などの報告を見る限りではレベル15以上はほぼ確定とみて間違いない。

ポケモンGOはARという拡張現実機能があり、ゲームのマップも実在する場所とリンクしている。そして、前述のように特定のポケモンは限定的な場所にしか出現しないこともある。

工夫次第では多忙の中でも攻略は不可能ではない?

ポケモンGOは必ずしも、歩かなければ成立しないというゲームではない。
都内では画面を左右にスワイプすることでモンスターボールなど様々なアイテムが出現するポケストップが複数重なっている地点が多数存在する。

そういった場所でモンスターを集める「おこう」や「ルアーモジュール」など、ポケモンを引き寄せるためのアイテムを使用することによって、移動しなくてもモンスターを引き寄せることもできる

スムーズに攻略を進めているバラエティタレントや芸能人たちを見ると、時間や環境の使い方がうまく、攻略法やリアルタイムでの出没情報などをこまめにチェックしている傾向があるように思う。

主要都市圏では画面を左右にスワイプすることでモンスターボールなど様々なアイテムが出現するポケストップが複数重なっている地点が多数存在する。そういった場所で、アイテムを上手に活用することでポケモン集めや攻略の進捗率は飛躍的に上昇する。

ポケモンGOを批判する芸能人

尋常ではないポケモン熱を見せている芸能人がいる一方で、芸能界では否定的な見解を見せている芸能人もいる。
特に賛否の声が巻き起こっているのは先月25日にミヤネ屋で徹底的にポケモンGOを批判した評論家のやくみつるの発言だ。

やくみつるは同番組内でポケモンGOプレーヤーに対し「愚かでしかない。こんなことに打ち興じている人を心の底から侮蔑する」と発言。
この批判発言はネットで大炎上。

この発言に関してはポケモンGOをきっかけに実の息子と会話をする機会が増えたという浅草キッド水道橋博士が「やくみつるを心の底から侮蔑する」と反論。

やくの過激な批判には、同じくポケモンGOに批判的な見方をしながらも松本人志も自身の番組内で「芸能人の吸い殻を拾うような人が」と難色を示した。
やくに限らず、爆笑問題の太田光や漫画家の小林よしのりらもポケモンGOブームには否定的な発言を展開している。

未だブームは衰えるところを知らないポケモンGO。賛否の声は庶民の間だけでなく芸能界でも見事に二分といった様相を呈しているが、ポケノミクスという言葉の通り、その経済効果は計り知れない。

ポケモンGOは、未解禁の伝説のモンスターや海外限定ポケモンなどを含めると全部で151体いるポケモン図鑑を完成させるのが最終的な目標とされているが、無課金でも遊べるのも魅力的な点のひとつだ。

ハマっている人は、くれぐれも交通事故や怪我には細心の注意を払い、上記に挙げたルアーモジュールやおこうなどを活用した攻略法を取り入れ、焦らずじっくり攻略していって欲しいところだ。

スポンサードリンク
ポケモンGO