ファンキー加藤の今後。「中途半端」ではなく突き抜けるのも有り!?

ファンキー加藤
出典:http://profile.ameba.jp/funkykato-blog/
スポンサードリンク

2016年、音楽業界は不倫問題が取り沙汰されています。
不倫問題に関して本格的な綻びが表面化しだしたのは今となっては矢口真里が引き金のような気がしますが、上半期はベッキー、乙武、ファンキー加藤と矢継ぎ早に不倫スキャンダルのオンパレード。

個人的にはファンキー加藤の不倫には驚きました。もしも次回作を発表する見通しがあるのなら表題か、最悪カップリングでもいいので不倫をテーマにした曲をリリースしセルフブランディングして欲しいと願うばかりです。

「人に厳しく自分に甘い!不倫 不倫 不倫 不倫最高!自分本位なやつばかり!不倫 不倫 不倫 不倫最高!」
というような、自身の原点でもあるファンキー・モンキー・ベイビーズ時代にすらあり得なかったマキシマム・ザ・ホルモン顔負けのインパクトのある不倫ソングを期待しています。

ちなみにこの新生・ファンキー加藤のリスタートを掲げる仮曲の名称は「FURIN」。
今のクレイジーな加藤さんなら間違いなく売れるでしょうし「捨てる神あれば拾う神あり」という言葉のとおり、今の世の中は清廉性の欠片もへったくれもあったものではありません。

逆境をプラスに変えた先人も!

ゲスの極み乙女のヴォーカルの場合は、もともとがゲスっぽい性格だったせいか、音楽活動そのものに影響するどころかむしろ名前負けしていないような不貞ぶりを露呈することでミリオンセラーを達成していましたが、もはや時代は、人は、クレイジー加藤に甘酸っぱい青春ソングや応援歌などを望んではいませんし、今までの音楽を聴いてみてもファンはもちろん、本人にとっても笑えないような苦境に立たされていることは間違いないでしょう。

ここは思い切って、「イチアーティスト」として方向性を巧みに変化させていくしかないと思うわけです。

今回の場合は特にそうですが、一度不祥事を起こしてしまった人間は「思い切った行動」というのが今後のカギを握っているでしょう。
汚名返上のカギとなるキーワードは「過去の自分からの脱却」か……。

スポンサードリンク
ファンキー加藤