福山雅治の歌詞で「心に響く歌」ランキング!

ギター
スポンサードリンク

福山雅治といえば、イケメン演技もうまくてもうまく、そして心に響く歌詞を書く作詞家としての才能もあり、マルチな才能を振りまいている人物です。彼の歌を聞いているだけで元気がもらえるという人は多いですし、心に響く歌詞の意味を考えると、人生前向きに頑張りたいと思えるなど、勇気づけられる人はたくさんいます。心に響く歌詞をランキング形式でご紹介しましょう。

ランキングベスト3を発表!

1位:「あなたがくれたこの心は、優しい人を選びました」
誕生日には真っ白な百合を」の中にあるフレーズの一つがこれ。福山雅治が持つ人間的な優しさを感じることができるフレーズで、自分の恋愛観を見直したり、もっと内面が美しい自分でいようと決意するきっかけになるなど、聞いている人のシチュエーションによっていろいろな意味に取れるフレーズです。

2位:「涙や弱さや素顔なんて、この街じゃ誰にも見せちゃいけないって思ってた」
東京」の中で歌われている心に響く歌詞です。地方から東京に出てきた人でなくても、生き方によっては殺伐としていて温かい気持ちになる機会が少ない街ですが、そんな都会でたくましく生きていこうと決心させてくれる意味を持っている歌詞となっています。

3位:「泣いたって地球は回るから」
Red x Blue」に出てくるこのフレーズを聞いて、クヨクヨしていても仕方ないと感じた人は多いはず。ツラい時でも時間は回っていくものだから、自分を奮い立たせて前を見て歩こうという意味を感じることができる心に響く歌詞と言えます。

福山雅治が書く歌詞は、どれも男の正直な心の気持ちを歌ったものが多く、聞いていると男性なら共感して勇気をもらうことができますし、そうした男性の気持ちを理解してくれる女性ファンが多い事も、きっと彼の魅力になっているのかもしれません。

スポンサードリンク

ギター