【動画】ヴァーディ(レスター)の特徴、プレイスタイルについて

ヴァーディ
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160214-00401268-soccerk-socc.view-000
スポンサードリンク

今シーズン(2015-2016年)サッカープレミアリーグ優勝の立役者となったレスター所属のストライカー「ジェイミー・ヴァーディ」(イングランド代表)。
来シーズンでは同プレミアリーグの「アーセナル」に移籍をすることが話題になっている。
まずは、岡崎慎司も所属するレスターでの今シーズンのゴール動画を見て頂きたい。

ヴァーディの特徴、プレイスタイルについて

ヴァーディの特徴は圧倒的な瞬発力精度が高く両足から繰り出すシュートの速さである。
まず彼が戦っているプレミアリーグはテクニックよりも「スピード」や「フィジカル」が強く要求される。

そのためカウンターでの得点シーンも多いのがプレミアリーグでの特徴でもある。
足の速さもあり、どこからでも狙えるシュート精度の高さと速さは相手チームからしたら嫌な存在だ。
ヴァーディは母国イングランドプレミアリーグに適したストライカーとも言える。

ただ、足の速さとシュートスピードを兼ね備えたストライカーは他のチームにもたくさんいる。
その中でヴァーディが今シーズンのプレミア得点ランキング2位(24得点)になる程活躍できたものはもう一つ彼のプレイスタイルに特徴があるからだ。

人並み外れたゴールへの執着心

ヴァーディの「ゴールへの執着心」を具体的に表すと3つある。

  1. 豊富な運動量
  2. 前線からのプレス
  3. 絶妙なポジショニング

まずヴァーディは驚くほどスタミナがあり、試合中常に走り回ることができる選手である。そのため前線からのプレスを積極的に行うことができるので味方の守備の負担も減り、相手のパスミスを誘うことができるので攻撃シーンも増えていくことになる。
そしてゴール前のポジショニングがとても良いためセットプレーでの得点や、こぼれ球への詰めも怠らない。

まさに本能で動けるストライカーなのだ。
過去に似たプレイスタイルの選手でいうと、ウルグアイ代表の「シェフチェンコ」が近いかもしれない。

来シーズンでの「アーセナル」でのリーグ戦や、ロシアワールドカップに向けての代表戦での活躍も今後注目になる。

スポンサードリンク
ヴァーディ