菅田将暉の”暴力シーン”は逸材!?月9ラブソングで福山雅治も認めた

菅田将暉
画像引用:クランクイン( http://www.crank-in.net/entertainment/news/40782)
スポンサードリンク

菅田将暉の破天荒さはハマリ役

先日、人気絶頂中の小松菜奈と映画「ディストラクション・ベイビーズ」の舞台挨拶で「菅田さんのことが嫌いでした」と衝撃的な告白を受けた菅田将暉(すだ まさき)。

この作品の中で暴力シーンが多かったためそういった印象を持たれてしまったようだが、菅田将暉の暴力シーンはこの作品だけではない。
現在放映中の月9ドラマ「ラブソング」でも主演の福山雅治に暴力を振るうシーンがあったのだ。

大物俳優「福山雅治」に振るった暴力とは

このドラマの中ではヒロインの藤原さくらが演じる「佐野さくら」が神代(福山雅治)に線路に飛び込むのを止められているシーンがあり、それを目撃した空一(菅田将暉)が襲われていると勘違いをして神城に頭突きをかますシーンがある。

このシーンに対して福山自身も「想像以上の力で僕に暴力を振るってきた」と話している。
大物俳優相手でもひるまずに本気で演技に取り組めていることから、菅田将暉の破天荒役はハマリ役といっても過言ではない。
彼の最近の出演数の多さでもそれを証明している。

スポンサードリンク
菅田将暉